注目の副業!動画編集が学べる「クリエイターズジャパン」を検証!

クリエイターズジャパンについてのブログ

こんにちは!
副業アドバイザーのSAKIです(^^)/

今日も訪問してくださってありがとうございます!

今はゴールデンウィーク期間中ということで本業が休みなので、ゆっくりブログを書いています♪

・・みたいなこと、言うてみたいけど、言えるわけありません。

なぜなら、ゴールデンウィーク中はこどもたちも休んでいるからです。・・あたりまえ(・・;)

こどもたちが休みの中で自分の仕事時間を確保することがどれだけ難しいことか🤣

「ママきて~」
「ママ見て~」
「ママ〇〇どこ~?」
「ママおなかすいた~」
「ママこれやって~」

と次々やってくる要望の対応に追われつつ、宿題の監督、おでかけもしてあげたいからその準備、クラブや習い事のイベントがあれば参加、などの長期休暇ならではの子育てタスクをこなし、もちろん掃除洗濯片づけなどの家事もエンドレス。。。

よく「子育て中でもこどもを見守りながらお家でできる副業」みたいなのありますが、こどもは静かに見守らせてくれません(笑)

結局仕事に集中できるのはこどもが学校などへ行っている間か、夜こどもが寝た後ってことになると思います。

さらに本業がある人はこれまた副業時間の確保が大変!(-_-;)というのがママの現実なのです。

そういう意味でも、できる限り時間に縛られない収入の柱を手に入れるため、みなさん一緒にがんばりましょうね!

さて、今回は「クリエイターズジャパン」という動画編集スクールをとり上げます。

「クリエイターズジャパン」は現役動画クリエイターの佐原まいさんが運営する、フリーランスを目指すオンライン動画編集スクールです。

動画編集の副業は今とても注目されているので、気になっている方も多いかもしれません。

スクール選びの失敗を避けるためにも、不安な点などを確認してみてくださいね。

今日も、正直に率直に時には辛口に書いていきますよ。

お時間の許す限りゆっくりしていってくださいね♪

目次

「クリエイターズジャパン」の概要

カメラとコーヒーとノートパソコン

今は副業スクールとして動画編集が学べるスクールがたくさんありますね。

「クリエイターズジャパン」はどのようなスクールなのか簡単にまとめてみます。

特定商取引法に基づく表記

まずは特定商取引法に基づく表記を確認しておきます。

運営元会社ハズム株式会社
販売者情報橋本勇太
所在住所東京都渋谷区渋谷二丁目19番15号宮益坂ビルディング609
電話番号070-2821-1686
メールアドレスinfo@hazumu.co.jp
販売商品クリエーターズジャパンプレミアプロ講座
販売価格79,800円(税込):1ヶ月間サポート+サロン
2ヶ月目以降サポート+サロン 1,480円/月額課金制
支払方法クレジットカード決済、銀行振込、Paidy
商品引き渡し方法申し込み後、入金完了後の2日以内にメールアドレス宛にお届けします。万が一メールが届かないことがありましたら、迷惑メールフォルダーをご確認ください。それでも届いていない場合、上記のメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
送料についてデータでお届けするため、送料はかかりません。
商品の無断転売、無断譲渡について本講座を無断で、転売または、SNS等での拡散、無断で譲渡した場合、営業妨害、利益損害とみなし、御社最寄りの裁判所にて1000万円以上の損害請求、損害告訴させていただきます。予めご了承ください。本講座はハズムのスタッフ一同、時間と資金をかけて制作したものになります。本講座の流出を守るためにも厳守していただくようお願いいたします。
証言および商品に関する注意書き本商品に記載された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保障したものではありません。予めご了承のもとご購入ください。
返品・不良品について商品性質上、ご決済後キャンセル、クーリングオフ、返金、理由を問わず一切受け付けかねます。
継続決済のご案内について継続決済をクレジット決済にてお申込みの方は、31日ごとに1,480円が自動的に課金されます。
継続決済の解約方法の案内解約をご希望の場合は、info.creators.japan@gmail.comまで、お申し込み時のお名前、メールアドレスを添えてご連絡下さい。
継続決済の停止処理日について継続決済の解約をご希望の場合は、次回継続決済の課金日前日までにお願いいたします。

講座の料金やサポート期間、解約等についても明記されていてわかりやすかったです。

販売者は橋本勇太さんとなっていますが、実際にクリエイターズジャパンのサイトで紹介ページに登場しているのは佐原まいさんという方です。

公式サイトはこちら↓↓

クリエイターズジャパンのイメージ画像

2種類の講座がある

「クリエイターズジャパン」では2つの講座が用意されています。

  1. Premiere Pro講座
  2. After Effects講座

の2つで、それぞれAdobe Premiere ProとAdobe After Effectsの2つ動画編集ソフトを学べる内容です。

どちらも1日1時間の講座受講で「最短2週間で動画編集をマスター」できるとあります。

通学は不要で見放題の動画コンテンツで場所を問わず学ぶことができます。

Premiere Pro講座もAfter Effects講座もともに単体プランの料金は初月79,800円の買い取り型。

2つの講座どちらも学べるコンプリートプランは、通常159,600円、キャンペーンで149,600円の買い取り型。

2か月目からは月額1,480円でオンラインサロンのコンテンツを利用したりサポートを受けることができます。

料金体系はわかりやすく比較的良心的な金額だと言えます。

他の動画編集スクールは安いところで10万円弱~高いものでは70万円前後かかるスクールもあるので、金額だけで言うとかなり安いですね。

「クリエイターズジャパン」のメリットとデメリット

標識風のMeritとDemerit

「クリエイターズジャパン」を受講する場合のメリットとデメリットを私なりにわかる範囲でまとめておきます。

メリット

  • 最短2週間で学ぶことができる
  • 動画編集スキルだけでなく案件獲得方法が学べたり営業文章の添削サポートも受けられる
  • 実践で使えるオリジナルのテンプレートも提供してもらえるので、未経験でもチャレンジできる
  • 受講料金が比較的安い
  • LINEで個別サポートを受けられる
  • オンラインサロンを利用してサポートや横のつながりが得られる

「クリエイターズジャパン」では動画編集スキルだけではなく副収入を得るための案件獲得方法まで学ぶことができます。

なので、目標をもって学ぶことができれば副収入につなげることができそうです。

企業などにおいて「今の時代、動画コンテンツをもっと利用したいけれど、動画編集ができる人材が足りない!」というのが現状です。

動画編集スキルをいかして案件受注がうまくできれば、副収入を得るチャンスはあります。

デメリット

  • 通学不要で対面での受講はできないため、受け身になってしまう
  • 実績アピールのためのポートフォリオの制作支援が含まれていない
  • Zoomでの画面共有サポートは別料金がかかる

「クリエイターズジャパン」のデメリットで押さえておくべきは「ポートフォリオの制作支援が含まれていない」点です。

一般的にクリエイターとして案件を獲得するためには、自分の実績をアピールするためのポートフォリオが必要です。

ポートフォリオは自分で作ることになるので、不安がある場合は他のスクールを検討してみて良いかも。

もう一点注意すべきは、「クリエイターズジャパン」の動画コンテンツは好きな場所で自分のペースで半永久的に学べる点です。

対面講座ではないので受け身な学び方になりますし、ゴールが不明確だとさぼってしまってだらだら間延びしてしまうでしょう。

あくまでも動画編集で稼げるようになるには甘い道のりではないので、目標や計画は明確に決めておかないと無駄になってしまいます。

「クリエイターズジャパン」の口コミ

ウッドデスクでテレワークをする女性

「クリエイターズジャパン」に関する口コミも気になりますよね。

結論から言うと、クリエイターズジャパンの受講生の口コミは悪い口コミより良い口コミが多い印象です。

以下は、実際に案件獲得を達成している方やスクールに満足している方の口コミです。

一方、講座内容が難しく感じている人の口コミもありました。

まとめ

動画編集スクール「クリエイターズジャパン」
総合評価
( 3 )

動画編集スクールとしては評判も悪くないので動画編集の副業を始めたい人は検討してみるのもありかなと思いました。

「クリエイターズジャパン」は動画を見るだけで手軽に受講できるからこそ、目標を持ってあきらめないでやり続ける気持ちは必須だと思います。

ただ、動画編集という副業自体は収入を得るために働き続ける必要があるため、私個人的にはおすすめしていません。

私SAKIのブログでは、特に女性や子育て中のママにはネットを利用した副業をおすすめしています。

インターネットやモバイルがなかった時代には、物理的にみんなが同じ場所に同じ時間に集まらないと仕事が進まなかったけど、それはもう昔の話。

厚生労働省の「働き方の未来2035 報告書」では、2035年には「個人が自分で働く場所と時間を選べる時代」へ変わっていくよ!とあります。

コロナ禍のおかげ…というと変ですが、2023年でももうそんな時代が始まっていることをひしひしと感じます。

みなさんはそんな未来の働き方へ対応していく準備はもう進めていますか?

まだ何もしていない人は、計画的にweb系職種へチャレンジされることをおすすめしますよ。

\何か始めたい!人生を変えたい!というみなさんにSAKIがおすすめするツールはこちら↓↓/

デスクの上のノートパソコンと文房具とマグカップ

ここまで読んでくださってありがとうございます♪
また次の記事でお会いしましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

姉弟の子育て真っ最中のママブロガー。
副業を通してFIREを目指す道のりを書き留めています。
元々はフルタイム勤務で時間を切り売りして生計を立てるワーキングマザーでしたが、子どもたちと過ごす大切な時間を取り戻したい!との思いでFIREを目標に「脱会社員」してやる!とパソコン1台でおうちビジネスを始めました!
同じ悩みや希望を持つ、働くママパパを応援しています!

コメント

コメントする

目次